So-net無料ブログ作成
検索選択

SFCG元会長、「破産開始決定は不当」と提訴 国などに賠償求める(産経新聞)

 経営破綻(はたん)した商工ローン大手のSFCG(旧商工ファンド東京)による民事再生法違反事件で逮捕されたSFCG元会長の大島健伸容疑者(62)が、破産手続き開始を認めた昨年4月の東京地裁決定を不当として、国などに計約200万円の損害賠償を求める訴えを同地裁に起こしていたことが17日、分かった。

 他に訴えられたのは宇都宮健児日弁連会長ら弁護士2人と日弁連。大島容疑者側は「日栄・商工ファンド対策全国弁護団」が昨年5月、大島容疑者の破産を申し立てており、宇都宮会長が申し立てで積極的に活動したなどと主張。また、日弁連が2人の懲戒を怠ったなどとしている。

 弁護団は「宇都宮会長は手続きにかかわっていない。国に対するものも含めて、提訴は筋違い」などと話している。

【関連記事】
堕ちたカリスマ “我が子”を私物化 SFCG元会長
「隠し資産の解明に期待」 商工ファンド対策弁護団
時代の寵児、際立つワンマン SFCG元会長「手段選ばず」の声も
SFCG大島容疑者、逮捕 破綻前に親族会社に400億円を流出
大島元会長らを取り調べ 親族会社に資産流出の疑い 警視庁

他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
旧軍施設跡の銘板 文案作成に総連“圧力”も(産経新聞)
米軍ゴルフボール飛び出し、防衛相に対策要請(読売新聞)
<日本振興銀行>検査忌避容疑で家宅捜索 警視庁(毎日新聞)
<岩手・宮城内陸地震>追悼式で復興誓う(毎日新聞)

<JR西>イコカ不正利用の駅員解雇 (毎日新聞)

 JR西日本は7日、JR東西線北新地駅の男性駅員(53)が約1年半にわたって、ICOCA(イコカ)カードを使って不正乗車を繰り返していたと発表した。同日付で懲戒解雇した。不正は計62回(計1万6550円分)。家族や知人とスポーツ観戦や温泉施設などに遊びに行く際に私鉄で不正をしていた。

 ICOCAはJR西日本や関西の大手私鉄などで使用できるICカード。JR西によると、駅員は08年9月〜今年4月、阪急阪神などの駅改札でカードを使って正規に入場。出場の際に自動改札や有人改札を無理に通り抜け、勤務中に北新地駅で入場情報を取り消していた。阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)でのプロ野球観戦や箕面温泉スパーガーデン(大阪府箕面市)に向かう際に不正乗車していたという。

 カードは計6枚使用し、家族や知人にも渡して不正乗車させていた。6枚のうち2枚は北新地駅構内で拾ったもので、遺失物として処理せず、残額の一部の380円は切符購入のために着服していた。駅員は「小遣い欲しさでやった」と話しているという。【牧野宏美】

【関連ニュース
キセル乗車:西武鉄道社員36人を処分へ
キセル乗車:相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作
西武鉄道社員キセル問題:19人が155万円不払い 個人で弁済へ
不正乗車防止システム
近鉄:社員が着服 不正乗車も発覚 /京都

枝野幹事長固まる=少子化担当相に蓮舫氏内定―菅新政権(時事通信)
原発をめぐる主な裁判(時事通信)
<訃報>アンドレイ・ボズネセンスキーさん77歳=露の詩人(毎日新聞)
普天間「早い解決望む」=米国防長官、北沢防衛相に(時事通信)
「みんなで食べよう宮崎の牛」=ライバル産地が応援―生産者経営の焼き肉店・鳥取(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。