So-net無料ブログ作成

SFCG元会長、「破産開始決定は不当」と提訴 国などに賠償求める(産経新聞)

 経営破綻(はたん)した商工ローン大手のSFCG(旧商工ファンド、東京)による民事再生法違反事件で逮捕されたSFCG元会長の大島健伸容疑者(62)が、破産手続き開始を認めた昨年4月の東京地裁決定を不当として、国などに計約200万円の損害賠償を求める訴えを同地裁に起こしていたことが17日、分かった。

 他に訴えられたのは宇都宮健児日弁連会長ら弁護士2人と日弁連。大島容疑者側は「日栄・商工ファンド対策全国弁護団」が昨年5月、大島容疑者の破産を申し立てており、宇都宮会長が申し立てで積極的に活動したなどと主張。また、日弁連が2人の懲戒を怠ったなどとしている。

 弁護団は「宇都宮会長は手続きにかかわっていない。国に対するものも含めて、提訴は筋違い」などと話している。

【関連記事】
堕ちたカリスマ “我が子”を私物化 SFCG元会長
「隠し資産の解明に期待」 商工ファンド対策弁護団
時代の寵児、際立つワンマン SFCG元会長「手段選ばず」の声も
SFCG大島容疑者、逮捕 破綻前に親族会社に400億円を流出
大島元会長らを取り調べ 親族会社に資産流出の疑い 警視庁

他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
旧軍施設跡の銘板 文案作成に総連“圧力”も(産経新聞)
米軍ゴルフボール飛び出し、防衛相に対策要請(読売新聞)
<日本振興銀行>検査忌避容疑で家宅捜索 警視庁(毎日新聞)
<岩手・宮城内陸地震>追悼式で復興誓う(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。